クレジットカード

MillagePlusセゾンカードはおススメする理由。それは、高いマイル還元率。

投稿日:

こんばんは、daikobaです。

 

こちらのブログでは、SPGアメックスをマイルを貯める高還元率カードということで推しております。(SPGアメックスカードは1.25%)

SPGアメックスカードを持つことによるメリットとデメリット

【2020年版】SPGアメックスカードは持つ意味があるのか?メリットとデメリットを徹底解説

世の中に色々なクレジットカードがあるけど、「飛行機や旅行をお得に楽しめるクレジットカードは何がいいのか?」というのを知りたい方は多いと思います。 そのような読者の方におススメできる「SPGアメックスカ ...

続きを見る

飛行機のマイルを簡単に最速で貯める方法(JAL編)

飛行機のマイルを簡単に最速で貯める方法(JAL編)

自分は2017年1月~2019年4月の2年少しの間に約100,000マイルを貯めました。その下の二つのグラフが、マイルが貯まってきた情報をまとめたグラフです。(折れ線:月ごとの推移、円グラフ:溜まった ...

続きを見る

 

ただし、実質200万円をクレジットカードで使い一気に溜まったポイントをマイルに交換することで1.25%の還元率になりますが、「そんな200万円まで使うより、使って少ない金額ですぐにマイルを貯めたい!」という方もいらっしゃると思います。

 

クレジットカードを使う金額は多くない。だけど多くマイルが貯まるクレジットカードが知りたい。

 

そのような、あまりクレジットカードを使わない人にとっても、お得にマイルを貯めて旅行に行けるカードがあるので、紹介します。MillagePlusセゾンカードです。むしろクレジットカードの金額が少ないうちがお得なんです^^

以下のような方にとってはとてもおススメできるクレジットカードです!

・クレジットカードで使う金額が年間200-300万円程度(マイル還元率が1.5%と超高還元率)

・国内旅行が多い。スターアライアンスに所属しているため、ANAを活用できる。

・韓国が好きでよく行く!800マイル以内だと、8,000マイルで行くことができる。

では、詳しく見ていきましょう

 

1.MillagePlus(マイレージプラス)セゾンカードについて

MillagePlus(マイレージプラス)セゾンカードは、ユナイテッド航空がクレジットカード会社と提携してマイルを貯めるカードになります。

JALやANAのクレジットカードを紹介してきましたが、そのユナイテッド航空版になります。

ユナイテッド航空については、アメリカに拠点を置く航空会社でスターアライアンスメンバーの一つです。航空会社はANAが属するスターアライアンスグループと、JALが属するワンワールドグループの2台グループがあり、スターアライアンスグループになります。

スターアライアンスグループ

詳細はこちら⇒スターアライアンスサイト https://www.staralliance.com/ja/web/staralliance/home

同じグループに入っていると、コードシェアなどを行ったりすることで、ANAに乗ることもできます。例えば、JALやANAを公式サイトから予約したのですが、「本日は●●とのコードシェア便で運航しています」というアナウンスと共に、JAL/ANAではない飛行機に乗った経験もある人も多いかと思います。

飛行機会社としては、地球上のすべての国に飛行機を飛ばすなんて飛行機が何個あっても足りないので・・・グループにある航空会社でお互いに助けあうことで、お客様を目的の国や都市へお届けすることができます^^

 

Millage Plusカードの種類(年会費やマイル還元率など)

Millage Plusカードはこちらの3種類があります。

MileagePlusセゾンプラチナカード MileagePlusセゾンゴールドカード MileagePlusセゾンカード
クレジットカードブランド Visaのみ Visa、American Express、Mastercard Visa、American Express、Mastercard
年会費 50,000円+税 20,000円+税 1,500円+税
マイル還元率 1.5%(1,000円単位) 1.5%(1,000円単位)
*ただし、年間の75,000マイルを超えると0.5%。
0.5%(1,000円単位)
マイルアップ 追加年会費5,000円+税を払うことで、1.5%還元。ただし、年間30,000マイルを超えると、0.5%の還元率
付帯保険 ■最高1億円※までの海外・国内旅行傷害保険が付帯
■500万円までのショッピング安心保険
■最高5,000万円※までの海外・国内旅行傷害保険が付帯
■最高1,000万円までのショッピング安心保険
■最高3,000万円までの海外・国内旅行傷害保険が付帯

 

2.おススメする理由

メリット1.1.5%の超高還元率

何といってもこの高還元率です。100万円使うと1.5%の還元率だと15,000マイル、1.0%だと10,000マイル、と同じ金額を払っていますが、貯まるマイル数が変わります。

これは何といっても見逃せないポイントです。だって、同じ100万円を支払っているのに、5,000マイルも違いますからね^^

ただ、貯まる分だけ見ていると痛い目にあってしまうので、その点は後で説明しますが、少なくとも多くマイルが貯まることはいいですよね^^

 

メリット2.国内路線で距離が800マイル以内の場合、片道5,000マイルで航空券に変えることができる

United航空の特徴として、800マイル以内の距離の場合、マイルが安くなります。国内だと、通常は8,000マイルなのが、800マイル以内だと5,000マイルです!国際線でも、800マイル以内だと、たった8,000マイルで飛行機に乗ることが可能です。

800マイル(約1,280㎞)だとどこまで行くことができるのか気になるので、こちらのサイトのツールをお借りして、調べてみました。参考:http://yagijijii.com/google/multicirclemap.htm

左が伊丹空港、右が羽田空港からの800マイルの円を書いています。円の内側に行きたい都市があれば800マイル以内を意味します。

  羽田空港から800マイルの距離

伊丹空港だと沖縄が入ってきますね!札幌は羽田空港でも伊丹空港でも入ってきますし、海外だと韓国が入ってきますね^^これは意外とお得です!

それでは、どれだけお得なのか調べてみます。分かりやすいように、United航空だと1.5%の還元率、JAL/ANAについては1.25%(お勧めするSPGアメックスカード)の還元率で金額にしたのをカッコ内に書いています。

United航空(片道) JAL/ANA(片道)
日本→韓国(ソウル) 8,000マイル
(53.3万円)
7,500マイル~
(60万円~)
伊丹・羽田→札幌 5,000マイル
(33.3万円)
5,750マイル~
(46万円)

 

●日本→韓国(ソウル)だと7万円安く特典航空券に変えることができますね!

●国内線で札幌まで行く場合、13万円安く特典航空券に変えることができます!

 

3.デメリット

デメリット1.1.5%の高還元率には上限がある

ゴールドカードの場合、年間75,000マイル(年間:500万円)まで。普通カードの場合、年間30,000マイル(年間:200万円)までが、1.5%の還元率で、それを超えると、0.5%まで下がります。。

なので、この年間の上限金額を超える金額を使う人にとっては、少々考える必要があります。簡単に溜まるマイルをグラフにしてみました。

- 赤い線がMillage Plus普通カードを持った場合に貯まるマイル数と使った金額
- 青い線がSPGアメックスカードを持った場合に貯まるマイル数と使った金額
- 黒い線が還元率1.0%のクレジットカードを持った場合に貯まるマイル数と使った金額

青色のSPGアメックスカードは20,000マイルごとに5,000マイルがもらえるボーナスがあるので、200万円と400万円のところで、でグンッ!と上がっています。
一方で、Millage Plusは200万円を過ぎると0.05%に下がるので、傾きが緩やかになります。

貯まるマイルの比較グラフ

 

こう見ると、300万円のところで、Milalge Plusの黒い線とSPGアメックスの青い線が交わるので、こ300万円まではMillage Plusカードが多くマイルが貯まるといえます。

ポイント

年間のクレジットカードの支出が300万円以内であれば、Millage Plusはマイルが多く貯まる。
ただし、デメリット2で書く、「飛行機に乗るのにいくら必要か?」は考える必要がある。

 

デメリット2.長距離路線だとマイルが高い

「貯まる分だけ考えると痛い目に合う」と上に書きましたが、こういうことです。

 

koba
うちは1.5%の還元率で100万円溜まったら15,000マイル貯まるよ!韓国までいくのは20,000マイル必要だから、もう少し頑張って貯めて^^
koba
うちは1.0%の還元率で100万円溜まったら10,000マイル貯まるよ!韓国まで10,000マイルで行けるよ^^

 

マイルを貯める目的って、どこかに行きたいからですよね。こう考えると、2番目が絶対いいでよね。これをもう少し詳しく書きました。そして、マイルが難しいのはここなんですよね。

 

以下、各路線ごとに必要なマイル数です。還元率が異なるので、貯めるのに必要な金額をカッコ内に書いています。United航空はMillage Plusカードの1.5%の還元率、ANAとJALは自分がおススメするSPGアメックスによる1.25%の還元率を使ってます。

United航空 ANA JAL
日本→ハワイ 27,500マイル
(183.3万円)
20,000マイル~
(160万円~)
20,000マイル~
(160万円~)
日本→ロスアンゼルス 30,000マイル
(200万円)
25,000マイル~
(200万円~)
25,000マイル~
(200万円~)
日本→台湾 15,000マイル
(100万円)
10,000マイル~
(80万円~)
15,000マイル~
(80万円~)
日本→シンガポール 20,000マイル
(133.3万円)
17,500マイル~
(140万円~)
12,000マイル~
(96万円~)

注意点としては、ANA/JALにおいては、1週間程度を調べて一番安いマイルを使っています。必要なマイル数においては、上下の変動があるので、ここで書いているマイル数より高くなることもあります。

こうしてみると、日本→ロスアンゼルスだけは、同じ金額で行けることになります。JAL/ANAにおいては最安マイルを使っているので、ここだけ見ると、United航空にメリットが出てくるかもしれません。

 

注意ポイント

United航空ということで、外国の飛行機会社についての懸念がある方もいらっしゃるかもしれません。ただ、冒頭で述べた通り、スターアライアンスグループに加盟しているので、ANAとのコードシェア便を活用すれば、ANAに乗ることができ、日本人の客室乗務員からサービスを受けることができるので、問題ないかと思ってます。

 

以上、長文に渡ってMillage Plusカードについて書いてきました。

クレジットカードの使う方があまり多くない(特に300万円以内)+近距離の旅行がおおい、という方にとっては、非常にお得で魅力的なカードといえます。

ただマイルを貯める目的は、「海外に行きたい!」「ビジネスやファーストクラスに乗りたい」という方にとっては、このような悪循環に陥る可能性がありますので、SPGアメックスのような高還元率のカードを持つのが選択肢になってくるのかと思います。

Millage_Plusカードを巡る悪循環

クレジットカードでマイルを貯めるって奥深いですよね。。

今回の記事が少しでも皆様の参考になったら幸いです^^

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-クレジットカード

Copyright© 旅行を「安く」楽しむ方法を考えるブログ , 2020 All Rights Reserved.