クレジットカード

【2020年版】SPGアメックスカードは持つ意味があるのか?メリットとデメリットを徹底解説

更新日:

世の中に色々なクレジットカードがあるけど、「行機や旅行をお得に楽しめるクレジットカードは何がいいのか?」というのを知りたい方は多いと思います。

そのような読者の方におススメできる「SPGアメックスカード」について徹底解説しその魅力について紹介をしていきます。

SPGアメックスカードを使って1年が経過し、部屋のアップグレードやレイトチェックアウトの便利さ、そして1.25%の高いマイル還元率と、やはりこのカードを使ってきて良かったな!という感想を持っています。

こんな方におすすめ

  • 旅行が趣味だけど、どんなクレジットカードを持てばお得に楽しめる?
  • 飛行機に乗ってマイルで旅行したいけど、マイルがたくさん貯まるクレジットカードって何?
  • SPGアメックスカードのことを詳しく知りたい!
  • SPGアメックスカードを持つメリットとデメリットって結局何?

 

 

目次

SPGアメックスカードとは

SPGアメックスカードの概要

主な特典

  1. マリオットボンヴォイグループのゴールドエリートになれる
  2. 入会後3か月以内に10万円以上の利用で30,000ポイント付与(紹介申し込みなら36,000ポイント)
  3. 毎年のカード継続ボーナスで無料宿泊特典(50,000ポイントの付与)

 

アメリカン・エキスプレス(アメックス)カードについて

SPGアメックスカードとは、アメリカン・エキスプレスが発行するクレジットカードの1つで、正確にはスターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カードとなります。

 

参考

アメリカン・エキスプレスだと長いので、アメックスと略して呼ぶことが多いです。

American Express(アメリカン・エキスプレス)⇒AMEX(アメックス)

 

アメックスカードについては、クレジットカード会社としては大手のVisaやMasterカードには劣るところもあり、下記のような理由から、使えない店舗も多いです。実際に、アメックスの絵がないお店も時々見ます(涙)

・手数料が少し高い(お店にとってマイナス)

・カードの桁数が15桁(ほかのカードは16桁)

ただ、最近はJCBと提携したことで、JCBが使えるお店では基本的に使えます!

https://www.americanexpress.com/jp/network/shopping.html

「基本的」と書いたのが、お店の人がこの提携を知らなかったり、カードを読み取る機会が古い場合、JCBが使えるお店でもNGとなる場合があります。 

アメックスカードには3種類のカードランクがあり、SPGアメックスカードはゴールドカードにランクされます。

アメックスカード種類

 

マリオットボンヴォイグループ(旧SPGグループ)とは

マリオットボンヴォイグループとは世界130の国と地域にある、6,700軒以上のホテルグループのことです。

参照:https://www.marriott.co.jp/default.mi

日本だと、アパグループのアパホテルとか、東横インのホテルとかありますが、これと同じようなものです^^

 

SPGアメックスカードとは、マリオットボンヴォイグループのカードにクレジット機能がついているといものです

(昔はマリオットボンヴォイグループのことをSPGグループと言っていたので、その名残でSPGカードという名前です)

 

聞いたことのあるような有名なマリオットボンヴォイグループのホテルだと、この辺があります。

SPGアメックスカードを持つことで、マリオットボンヴォイグループのゴールドランクになり、ホテルで下記のような特典を受けることができます。

メリットのところで、詳しく説明していきますね^^

 

【マリオットボンヴォイグループの例】

・リッツカールトンホテル

・セントレジスホテル

・ウェスティンホテル

・マリオットホテル

・シェラトンホテル

・ウェスティンホテル

などなど

 

ポイント

・1年に1回更新のタイミングで、一泊二名分の無料宿泊券がもらえる

・Marriott Bonvoyのレストラン+バー特典参加ホテル内のレストランおよびバーのご飲食代金が15%オフ

・レイトチェックアウトが14時まで

・客室の無料アップグレード

・高速インターネット

 

 

SPGアメックスカードをおすすめする理由を徹底解説

ここからはSPGアメックスカードを持つ特典から、おすすめする6つの理由を紹介をしていきます。

 

おすすめする理由①:1.25%の高いマイル還元率

SPGカードを持つメリットの1点目が「1.25%の高いマイル還元率」です。

旅行が好きな方の多くは飛行機に乗って海外旅行に行きたい、という人も多いと思います。

 

還元率といきなり出てきてしまったんですが、いくらでマイルが貯めることができるか、ということになります。

100円で1マイルだったら1%の還元率になります。

SPGアメックスカードでは、支払いのたびにマリオットボンヴォイグループで使えるマリオットボンヴォイポイントが溜まります。(100円で3ポイント)

このマリオットボンヴォイポイントはマリオットボンヴォイグループのホテルへの宿泊に使うこともできますが、40社近い航空会社へのマイルに交換することができます。

参考:航空会社へのマイル交換について

例:JALやANAのマイルに交換する場合

マイル還元の仕組み

 

マリオットボンヴォイポイントからマイルへの還元を分かりやすく説明するとこちらになります。

・ショッピングで100円ごとに3ポイントが溜まる

・3ポイントごとに1マイルへの交換(交換手続きが必要)

⇒100円で1マイルの還元率(1%の還元率)

 

マリオットボンヴォイポイントからマイルへの交換手続きは非常に簡単で、数日でマイルに反映されます

マイルへの交換方法について

【徹底解説】Marriott Bonvoyのポイント→マイルの交換方法(PC版)

SPGアメックスカードを推している自分ですが、ポイントを有効活用しないと意味がありません! そこで、今回ポイント活用にについてマイルへの変更方法をメインに紹介していきます。 実際に、Marrott B ...

続きを見る

 

 

 

ここで重要なポイントがあります!

koba
1%の還元率って言ってるのに、なんで1.25%になるのか!?

 

結論をお答えすると、6ポイントを交換するごとに+5,000マイルをボーナスをもらうことができます

こちらホームページからの引用ですが、しっかりとホームページにも記載されています。

マリオットボンヴォイボーナスマイル

参考:https://www.marriott.co.jp/loyalty/redeem/travel/points-to-miles.mi

 

そうすると下記のように、200万円を使うごとに25,000マイルが溜まることになります

 

マイル交換率(SPG)

 

 

ポイント

JALやANAのクレジットカードでも還元率が通常であれば1.0%なので、1.25%の還元率が高い!

通常は1%の還元率が平均なので、5,000マイル貯める場合50万円使う必要があるので、5,000マイルボーナスの仕組みはありがたい。

 

おすすめする理由②:マリオットグループにおけるホテルの無料宿泊ポイントがもらえる(50,000ポイント)

SPGアメックスカードをおススメする2つ目のメリットが「毎年の更新タイミングでホテルの無料宿泊券(50,000ポイント)」がもらえることです。

旅行に欠かせないのが、滞在先であるホテルです。

SPGアメックスカードを持っていることで、2年目から無料宿泊券をもらうことができます。

カードをご継続いただく度に、世界各地のMarriott Bonvoyロイヤルティプログラム参加ホテル『交換レート1泊50,000Marriott Bonvoyポイントまで』でご利用いただける1泊1室(2名様まで)の無料宿泊特典をプレゼントいたします。祝日や大規模なイベント開催期間中でも、スタンダードルームに空室がある限り、「無料宿泊特典」をご利用いただけます。

参考:https://www.americanexpress.com/jp/benefits/starwood-preferred-guest-card/index.html

 

「スタンダードルームに空室がある限り」というのはいつでもOKという意味です。ゴールデンウィークでもお盆でも年末年始でも、空いていれば泊まることができます

 

無料宿泊については知りたい方も多いと思うので、もう少し掘り下げていきますね。

 

2年目以降、年1回のSPGアメックスカードの更新タイミングで50,000ポイントのマリオットボンヴォイポイントを貰うことができます。

こちらの薄い青で塗りつぶした部分の50,000ポイント以下のホテルカテゴリーが、無料宿泊特典の対象になるホテルです。

空きがあれば泊まれますが、シーズンによって泊まれるホテルが違うのは少しポイントですね。。

オフピークであれば、カテゴリ7というハイレベルのホテルにも泊まれるということになります!

ホテルカテゴリー オフピーク スタンダード ピーク
1 5,000 7,500 10,000
2 10,000 12,500 15,000
3 15,000 17,500 20,000
4 20,000 25,000 30,000
5 30,000 35,000 40,000
6 40,000 50,000 60,000
7 50,000 60,000 70,000
8 70,000 85,000 100,000

参考:https://www.marriott.co.jp/loyalty/redeem/hotels/free-nights.mi#rewardschart

 

カテゴリーだけだと分かりにくいので、ホテルとカテゴリを紐づけた表が下記になります。

(参考:https://www.marriott.co.jp/search/filterSearch.mi

残念ながら、リッツカールトン沖縄が2020年3月~のカテゴリー変更でカテゴリー8にアップしてしまったので対象外になってしまいましたが、オフシーズンだと沖縄だとルネッサンス・オキナワ・リゾートやシェラトン沖縄サンマリーナリゾート、セントレジス大阪にも無料で泊まることができま!^^

カテゴリ8 カテゴリ7
(オフピークのみ)
カテゴリ6
(ピーク以外)
カテゴリ5
(いつでも)
カテゴリ4
(いつでも)
カテゴリ3
(いつでも)
リッツカールトン沖縄 ウェスティンルスツリゾート シェラトン北海道キロロリゾート ウェスティンホテル仙台 神戸ベイシェラトン フォーポイントバイシェラトン函館
ウェスティンホテル東京 キロロトリビュートポートフォリオホテル北海道 シェラトン都ホテル モクシー大阪本町
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル ザ・プリンスさくらタワー東京 コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート
リッツカールトン大阪 東京マリオットホテル コートヤード・マリオット銀座東武ホテル ウェスティンホテル淡路
セントレジス大阪 コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション モクシー東京錦糸町
ルネッサンス・オキナワ・リゾート 軽井沢マリオット 横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ
シェラトン沖縄サンマリーナリゾート ウェスティン都ホテル京都 伊豆マリオットホテル修善寺
大阪マリオット都ホテル 富士マリオット・ホテル山中湖
ウェスティンホテル大阪 名古屋マリオットアソシアホテル
シェラトングランドホテル広島 琵琶湖マリオット・ホテル
オキナワマリオット リゾート&スパ 南紀白浜マリオットホテル
コートヤード新大阪ステーション
シェラトン都ホテル大阪

 

 

31,000円+税の高い年会費がSPGアメックスカードの特徴になるのですが、無料特典が付与されることで年会費分は余裕にカバーされます

 

おすすめする理由③:持つだけでマリオットボンヴォイグループのゴールド会員になれる

SPGアメックスカードを持つことの3つ目のメリットが、「マリオットグループのゴールド会員」になれることです。

マリオットグループには宿泊実績に応じて、ランクが設けられており、受けることのできるサービスが異なってきます。

ランク 年間宿泊数
シルバーエリート 年間10泊~
ゴールドエリート 年間25泊~
プラチナエリート 年間50泊~
チタンエリート 年間75泊~
アンバサダーエリート 年間100泊+20,000ドル以上の利用

参考:https://www.marriott.co.jp/loyalty/member-benefits.mi

ゴールド会員になるためには、1年間に25泊する必要があります。

一ヶ月に2泊してもまだ足りないですね。。。

1泊辺りが2万円と考えると50万円ですが、SPGアメックスカードを持つだけで、ゴールドエリートの資格を持つことができます。

 

ゴールド会員の特典は、客室のアップグレードや、午後2時までのレイトチェックアウト、無料の客室内高速インターネットなど、魅力的なポイントがあります。

旅行の最終日は、ホテルでのんびり過ごしたくなる時ってあると思います。

その時に、レイトチェックアウトで14時まで滞在できるので、飛行機の時間までゆっくり過ごすことができます。

 

さらに詳細を知りたい方は。下記の+ボタンを押していただけると、詳細を見ることができます。

参考:https://www.marriott.co.jp/loyalty/member-benefits/gold.mi

+ ゴールド会員の内容

・ご滞在ごとに25%のボーナスポイント:すべての支払い料金に対して25%のポイント

・客室のアップグレード

・午後2時までのレイトチェックアウト

・ウェルカムギフトとしてのポイントプレゼント:滞在ホテルにより、250ポイントか500ポイント

・無料の客室内高速インターネット

・エリート専用電話ライン

・会員限定料金

・完全予約保証:ホテルが何かしらの理由で泊まれなくなっとき、補償してくれる。

・モバイルチェックイン、もしくはキーレスの利用:携帯電話をルームキーとして使うことができる

・特典除外日なし

・キャッシュ・ポイント:現金とポイントを組み合わせた支払いでご予約になると、55USドル+3,500ポイントからご滞在が可能です。

・即座に特典交換

・ポイントセーバー:最大33%割引でホテルを予約することができる(上部が通常で下段がポイントセーバー)

ホテルカテゴリー オフピーク スタンダード ピーク
1 5,000
(4,000)
7,500
(6,000)
10,000
(85,00)
2 10,000
(8,000)
12,500
(11,000)
15,000
(13,000)
3 15,000
(12,000)
17,500
(16,000)
20,000
(18,000)
4 20,000
(17,500)
25,000
(22,500)
30,000
(27,500)
5 30,000
(27,500)
35,000
(32,500)
40,000
(37,500)
6 40,000
(35,000)
50,000
(45,000)
60,000
(55,000)
7 50,000
(45,000)
60,000
(55,000)
70,000
(65,000)
8 70,000
(65,000)
85,000
(80,000)
100,000
(90,000)

 

おすすめする理由④:入会後3か月以内に10万円以上の利用で30,000ポイント付与(紹介申し込みなら36,000ポイント)

SPGアメックスカードを持つことの3つ目のメリットが、「入会年に条件を達成すれば最大36,000ポイントが付与される」ことです。

入会後3か月以内に10万円を使えば、通常のポイントに加えて、最大36,000ポイントのボーナスポイントを貰うことができます。

10万円についてはどんな支払いでも問題ありません。

 

こちらの記事が分かりやすくまとめていらっしゃいますので紹介します。

【賢い10万円の使い道】SPGアメックス入会3ヶ月以内に30,000ボーナスポイントを獲得するために

 

ポイント

通常に申し込んだ場合、10万円を使ったことでもらえるボーナスポイントは30,000ポイントです。

ただ、SPGアメックスカードを持っている人経由で申し込むと、36,000ポイントを貰うことができます。

周りに知り合いがいらっしゃらない方は、最下部のお問い合わせフォームから連絡をいただければ、+6,000ポイントを貰うことができる、特別URLをお送りします。

 

 

おすすめする理由⑤:SPGアメックスカードの特典⑤:空港のカードラウンジが使える

SPGアメックスカードを持つ4つ目のメリットが「空港のカードラウンジが使える」点です。

空港には、こちらのようなカードラウンジというものがあります。

1,080円を支払えば使うことができるのですが、SPGアメックスカードを持っていると、カードを提示するだけで同伴者1名を含めて利用が可能です

 

待合所ではなく、このような空間でゆっくりと過ごすことができます^^

コーヒーやオレンジジュースなどは常に飲むことができ、朝早い時間であれあ軽食があったりします。

こういった景色を眺めながらのんびり過ごしたり、電源もあるので、充電もできます。

カードラウンジ カードラウンジからの景色

 

おすすめする理由⑥:マリオットプラチナチャレンジへの参加権を貰うことで、簡単にプラチナ会員になることができる

これはランダムに発生するイベントで、いつか終わるということを聞いているので5番目のメリットにしましたが、「お得にマリオットボンヴォイグループのプラチナエリート会員になれる」点です。

ただ、2020年においてもマリオットプラチナチャレンジが実施されましたので、メリットとして書くことにしました。

上記で紹介しましたが、プラチナエリートについては年間50泊以上する必要があります。

ただ、このプラチナチャレンジに参加すると、約3か月間に16泊をするだけでプラチナエリート会員になることができます。

ランク 年間宿泊数
シルバーエリート 年間10泊~
ゴールドエリート 年間25泊~
プラチナエリート 年間50泊~
チタンエリート 年間75泊~
アンバサダーエリート 年間100泊+20,000ドル以上の利用

シンプルにまとめると、プラチナ会員になることでこのようなメリットがあります。

・ゴールド会員では条件付きだった16時までのレイトチェックアウトが、希望すればいつでも可能になる。

・軽食やアルコールが無料で楽しめるエグゼクティブラウンジを使うことができる

・無料アップグレードの対象にスイートルームも含まれる

 

SPGアメックスカードを持つときに考慮すべき点

ここからはSPGアメックスカードを持つときに考慮すべきマイナス部分について解説をしていこうと思います。

考慮すべき点①:31,000円+税の高い年会費

SPGアメックスカードを持って実感したデメリットの一つ目が「31,000円+税の高い年会費」です。

主な同ランクのゴールドランクのクレジットカードにおける年会費を比較したグラフがこちらです。

2019年5月時点に調べたもので、金額は当時の8%の税を含めていますが、SPGアメックスカードの年会費はアメックスゴールドカードより高いことが分かります。

 

更新タイミングで、年会費を上回る1泊2名分のホテル無料宿泊を貰えることができるので元が取れるという考えもあります。

ただ、年会費をホテル代金で考えると、

33,480円 ÷ 2人=16,740円

となり、単純にこの年会費を支払わないとすると、その分の浮いたお金を1泊あたり約15,000円程度のホテルに泊まれることを意味します。

一人で持つ場合、15,000円程度のホテルに2泊出来ることになります。

 

考慮すべき点②:アメックスカードの使用店舗が限定される

SPGアメックスカードもって感じたデメリットの2つ目が、「アメックスカードの使用店舗が限定される」点です。

アメックスカードはJCBと提携しているのですが、使えるカードの中にアメックスのマークがないと、少し残念です。

https://www.americanexpress.com/jp/network/shopping.html

基本的には、JCB加盟店であれば使用できますが、店員が知らない場合には説明をする必要があったり、カード読み取り機会が古いとカードが使えない時もあります。

クレジットカードでの支払いをしたいために、店員に「カード使えないんですか?」なんて聞くのは、ちょっとクレーマーっぽく感じてしまうのは、自分だけでしょうか。

またカードの桁数が15桁と特殊なので、ネットの支払いをアメックスにしようとした場合、NGになります。

自分はサッカーが好きですが、Jリーグチケットではアメックスの対応がなかった時期がありました。(2020年2月時点ではアメックスカードも対応しています)

 

考慮すべき点③:ホテルがマリオット系列にこだわってしまう

SPGアメックスカードを持つことのデメリットの3点目が「滞在先のホテルを選ぶときにマリオット系列にこだわってしまう」ことです。

SPGアメックスカードを持つことでゴールド会員になるので、14時までのレイトチェックアウトにすることができたり、無料アップグレードを楽しめるのが大きなメリットです。

プラチナチャレンジに成功して、プラチナクラスになると16時レイトチェックアウトになり、エグゼクティブラウンジを利用することで、無料で食事やアルコールを楽しめることができます。

こんなメリットの恩恵を受けることができるのであれば、マリオット系列がホテル選びの選択肢の1番目になります。

下記のように、マリオットグループは最大クラスのホテルグループになってくるので、大体行きたい場所にはマリオット系列のホテルはあるのですが、特徴的なホテルは色々あります。

 

例えば、行きたい場所に、1万円程度のホテルと15,000円程度のマリオット系列のホテルがあるとします。

マリオット系列だとアップグレードの恩恵を受けれられる!レイトチェックアウトができる!などの恩恵を考えて、少し高い15,000円のホテルを選ぶという思考になってきます。

また、出張などの場合でも、本来であればオフィスから徒歩のホテルに泊まればいいんですが、わざわざ電車に乗って移動しないといけない、マリオットボンヴォイ系列のホテルに泊まっています。

これがマリオット側の考えていることではあると思いますが。。

ゴールド会員から受けることのできるサービスをメリットに感じなければ、単に5,000円高いホテルに泊まるということになってきますので、デメリットに上げさせていただきました。

 

SPGアメックスカードを使用して実感したメリット

ここからは、SPGアメックスを持っておいて良かった!と感じた部分について紹介します。

実感したメリット①:確実に部屋をアップグレードしてくれる

アップグレードについて「空き部屋があれば」というようなコメントもありますが、自分はほぼ確実にアップグレードをしてもらっています。

アップグレードをするとき、下記のカードを貰うのですが、やはり大切にされている感じもしますし、満足できる広い部屋に滞在できます。

SPGアメックスカードのアップグレードSPGアメックスカードでアップグレードされた部屋①

SPGアメックスカードでアップグレードされた部屋②

実際にホテルの泊まって実感した、アップグレードの恩恵もこちらです^^

【ホテル滞在記】ル・メリディアン・クアラルンプール~駅近で最高のホテル!~

こんにちは、kobaです。 先日マレーシアのクアラルンプールに行った際に、ル・メリディアン・クアラルンプールホテルに3泊4日で滞在しました。 そのレポートを書きたいと思います。 今回のテーマはできるだ ...

続きを見る

 

実感したメリット②:午後2時のレイトチェックアウトが便利

SPGアメックスカードを持っているとゴールドエリート会員になるので、レイトチェックアウトで14時までホテルに滞在できます。

もし部屋が空いていれば、16時まで滞在できます。

自分がクアラルンプールにあるル・メリディアン・クアラルンプールホテルに滞在した時、16時のレイトチェックアウトに変更することができました。

マレーシア⇒日本の便が夜23時発でした。

ただ、16時までのレイトチェックアウトができたおかげで、最終日の午後まで観光を楽しんだ後、ホテルに戻ってシャワーを浴びてリフレッシュして帰国便に乗ることができました^^

 

実感したメリット③:年間10万マイル貯めることができた

詳細はこの記事にまとめさせていただいているのですが、昨年はJALのマイルを10万マイルを貯めることができました

この年はSPGアメックスカードに入会したため、36,000ポイントのボーナスポイントももらうことができました。

36,000ポイントのボーナスポイントの恩恵に加え、1.25%の高いマイル還元率を持つSPGアメックスカードを持っていたことで、JALのマイルを10万マイルを貯めることができました。

今からこれを何に使うか楽しみです^^

【2019年版】JALのマイルを年間10万マイル貯めた話

こんにちは、kobaです。 2020年になりましたので、2019年に貯めたマイルの実績を公開したいと思います。 結論から申し上げると、1年間で約11万マイル(109,206マイル)を貯めることになりま ...

続きを見る

 

実感したメリット④:プラチナエリートになることができた

 

2020年に自分はプラチナチャレンジに参加しました。

プラチナエリートは本来は50泊しないと権利を得ることができませんが、「プラチナチャレンジ」というものに参加すると、約3か月間に16泊しただけでプラチナエリートになることができます

おかげさまで、プラチナエリートになることができました。

参考

*ただし、プラチナチャレンジはランダムに発生するイベントで、今後同じイベントが起きるのはないのでは?というコメントも見ます。

 

 

まとめ

以上のように細かく、SPGアメックスカードについて紹介してきました。

31,000円+税という年会費の高さが気になってきますし、自分も気になりました。この3万円の価値をどうとるのかは人によって大きく異なってくるところがあります。

自分にとっては、これらのメリットが年会費3万円を大きく上回ると判断しました。

また年会費の部分いついては情報収集の段階で理解はしていたので、年1回の請求の時は「あー、また来たか」と思いますが、そこまで痛手とは思っていません。

 

旅行や飛行機好きの方にとって、間違いなくお勧めすることのカードであるのは間違いありません!

まだSPGアメックスカードを持っていない方にとって、少しでもこの記事が参考になりましたらとても嬉しいです。

 

参考:お得な入会情報

上記でも簡単に紹介しましたが、SPGアメックスユーザー経由で申し込むと、入会後に10万円使うことでもらえるボーナスが30,000ポイントから36,000ポイントにアップします。

自分も知り合いがおらず、ネットで見つけたサイトから勇気を出して問い合わせをして、このように6,000ポイントをもらいました^^

周りに知り合いがいらっしゃらない方は、下記のお問い合わせフォームから問い合わせていただければ、+6,000ポイントを貰うことができるURLをお送りします。

メールアドレスはYahooやgoogleのような捨てアドレスで大丈夫です^^

*アメックスから個人情報をもらったり、メールアドレスから個人情報を特定するようなことは一切ないので、ご安心ください。すでに何名かの方からお問い合わせをいただいております。

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-クレジットカード

Copyright© 旅行を「安く」楽しむ方法を考えるブログ , 2020 All Rights Reserved.