旅行

【ホテル滞在記】モクシー大阪本町ホテル

投稿日:

こんにちは、kobaです。

今回、マリオットプラチナチャレンジという、約3か月の間に16泊すればマリオットグループのプラチナ会員に約2年間程度なることができるものに参加しています。

そういった関係で、大阪に行った際にマリオットグループの中でも安めのモクシー大阪本町ホテルに滞在しましたので、モクシー大阪ホテルの紹介をさせて頂こうと思います。

結論から言うと、マリオット会員であればおススメできるホテルではあるのですが、駅からのアクセスなどを考えると自信をもって紹介できるとは言えませんね。。駅地下であれば日系ホテルが抑えていますし。。

この後、シェラトン都ホテルについての記事も書かせていただきます。マリオット系列で1万円代前半で泊まることのできる同価格帯のホテルになるので、合わせて読んでいただいて、比較していただいて参考にしていただいたら幸いです^^

 

【概要】モクシー大阪本町ホテルについて

モクシー大阪ホテルの場所

モクシー大阪ホテルはこちらに位置しています。新幹線でアクセスする場合、こちらの2つになるかと思います。

1.新大阪駅から御堂筋線に乗って約15分で着く本町駅で降りてから歩く

2.本町駅で中央線に乗り換えてから堺筋本町駅にて下車して歩く

上記の地図にも見えていますが、大阪城までホテルから約2kmなので歩いていこうと思えば行けますし、タクシーでも10分程度です。

参考までに大阪市の地下鉄マップを張っておきます。赤枠の本町駅と堺筋本町駅が最寄り駅になります。

モクシー大阪本町ホテルの特徴

モクシー大阪の特徴の一つが、館内にあるインスタ映えスポットでしょう。こんなかわいい人形の熊やガイコツがお出迎えをしてくれます。

  

 

写真を撮り忘れてしまったのでオフィシャルサイトから借りてきたものですが、1階にバーカウンターがあります。軽食なども注文出来て、自分はウェルカムドリンクとして1ドリンク引換券を頂きました。

https://www.marriott.co.jp/hotels/travel/osaox-moxy-osaka-honmachi/

 

食事などをこんな感じのオシャレなスペースで取ることもできます。実際にPC作業をされている方も何名かいらっしゃいました。

 

モクシー大阪本町ホテルの各種設備について

モクシー大阪本町ホテルの部屋の紹介(最安値の価格体における部屋)

モクシー大阪ホテルで検索すると、ツインルーム(モクシースリーパーツイン:20m2)とクイーンの部屋(モクシースリーパークイーンビューなし:19m2)の2つが最安値で出てくると思います。今回その二つに泊まりましたので、それぞれの部屋はこんな感じになっています。

 

モクシースリーパーツイン

モクシースリーパークイーン(ビューあり)

ちなみに、下の写真については、「モクシースリーパークイーンビューなし」で予約したのですが、SPGアメックスのゴールド会員資格で、ビューありの部屋にアップグレードしていただきましたのでビューありの部屋です^^また部屋も広めなので、ビューあり+部屋の広さも大きめの部屋にアップグレードされているかと思います。

 

ベッド周りはこんな感じです。USBタイプとコンセントタイプの2つの充電できる設備があります。ただ気になったのですが電話などの置かれている台がベッドに比べてかなり低いんですよね。。もっと高い位置にあればとは思いました。。

下記の写真はモクシー大阪の特徴的な写真ですね。机やいすなどが壁に掛けられています。机などは結構重いので、女性の方だと壁から降ろすのがちょっと大変なのかと思いました。

バス・トイレ

バス・トイレ周りはこんな感じです。シャワーはヘッドシャワーがありますが、残念ながら備え付けが、ボディーソープとリンスインシャンプーの二つだけなんです。マリオット系列ということで、ここは節約せずに、シャンプーとリンスは分けてほしいですね。

バスローブは部屋に備え付けられておらず、受付の横に置かれているものを取っていきます。

 

 

一方でこのドライヤーは二重丸ですね!!詳細は写真の下にAmazonのURLを参考に張っておきますが、ホテルのドライヤーって小さくて風量の弱いものも多いのですが、これはある程度満足して使うことができました^^

 

ジム

ジムはこちらのようになっておりました。サンドバックがあったのが特徴的ですね。グローブもありましたし、ボクシングレッスンも行われているようです。

 

 

モクシー大阪本町ホテルのデメリット

1.アクセス

冒頭にも書いたのですが、ホテルまでのアクセスについてはデメリットですね。

本町駅ば御堂筋線があるので、新大阪駅や難波なども出やすいです。ただ、本町駅からホテルまでは10分程度歩かなくてはいけません。タクシーを使ったこともあるののですが、結構大阪は一方通行が多く、ホテルから本町駅に行くときには少し遠回りして思っていたよりお金がかかりました。。といっても670円でしたが。。

駅周辺には〇パホテル、〇横インなどの日系ホテルが多いので、マリオットユーザーでなければそちらのホテルも当然選択肢に入ってくるでしょう。

 

ビジネスホテルとしての有用性

ビジネスホテルとしての利用を考えた場合、机の配置など少し疑問があります。壁に掛けてある机を出してPCの作業をしてみましたが、なんとなく違和感がありました。ビジネスホテルだと近くにコンセントなどある程度作業を想定した作りになっています。

また、靴ベラのような備品もなかったりと、やはりビジネスマンのユーザーは想定していないという印象でした。出張と合わせていかれようとされる場合、持ち運び可能な靴ベラの持参をおススメします。

 

モクシー大阪本町ホテルのまとめ

今回宿泊をしたモクシー大阪本町ホテルについて記事を書きました。欠点はあるのですが、インスタ映えスポットのあるホテルであり、非日常感を味わえ、ホテルに入った瞬間に何かリセットされるものを感じました。また、ロビーに入った瞬間に香る匂いも自分はとても好きでした。(においなので、個人差があるとは思います。)

アクセスの悪さはありますし、他の日系ホテルと比較すると価格も高めですし、単に寝るだけの場所と考えるのであれば、このホテルは対象外になってくるかもしれません。

ただ、ホテルに少しでも豪華さを求め、寝る+αを求めるのであれば、十分候補に入るホテルになるのではと思いました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-旅行

Copyright© 旅行を「安く」楽しむ方法を考えるブログ , 2020 All Rights Reserved.