クレジットカード

ダイナースカードの新規入会キャンペーンは見逃せない!

更新日:

ダイナースカード

こんにちは、kobaです。

 

以前に、ダイナースカードのキャンペーンについて紹介しました。

ダイナースカードで一気にマイルを稼ぐ大チャンス!

ダイナースカードで一気にマイルを稼ぐ大チャンス!

Google Search Consoleでダイナースに関する検索ランキングが高く出ていたので、ふとダイナースのサイトを見たら、大規模な入会キャンペーンを実施ていたので、紹介します。 キャンペーン1: ...

続きを見る

 

今回、完全にポイント目当てではありますが、今回のキャンペーンで得られるポイント(マイル)が支出を大幅に上回るお得キャンペーンであったため、申し込みを行いました。ちょうど、旅行や定期券など大きな支出が重なる時期ではあったのも要因ですが、自分はこのような計算を行って判断をしましたので、少しでも参考になったら幸いです。

詳細はこちら⇒https://www.diners.co.jp/ja/entry_form/lp/web/index.html?utm_source=portal&utm_medium=hp&utm_term=&utm_content=&utm_campaign=portal_speciallink

 

1.ダイナースカードの維持費(年会費+マイル交換費用)

まずは、支出面ですが、初年度年会費とマイル移行手数料の2つがかかってきます。今回の合計は、30,240円の支出があります。

1-1.初年度の年会費(22,000円+税)

1番目の初年度の年会費は、22,000円+税になるので、23,760円です。

これだけは、年会費としてかかってくるものなので、どうしても必要になってきます。

キャンペーンのポイントが反映されるまで少し時間がかかるのですが、2年目以降の年会費がかからないように注意が必要です。

 

1-2.マイル移行手数料(6,000円+税)

そしてマイル移行手数料です。年間6,000円+税なので、6,480円です。

今回はANAダイナースではなく、普通のダイナースカードですので、ダイナースグローバルマイレージサービスに個別に申し込む必要があります。

ダイナースグローバルマイレージサービスとは、年会費を払うことで溜まったポイントを提携航空会社のマイルに交換できるサービスで、全日空・デルタ航空・ユナイテッド航空・大韓航空・アリタリア航空の5社に交換できるものです。

1年間に交換できるマイル数に上限があるので、そこは注意が必要です。ANAに交換する場合は、年間40,000マイルまでですね。

ダイナースカード_ポイント交換先

1,000ポイントで1,000マイルに交換できるのは、結構お得な気がしてます。というのも、例えばAmazonポイントに変える場合、5,000ポイントで2,000円分です。年会費6,000円+税の移行手数料はかかるのですが、等価でマイルに交換できるのは、かなりお得な気がしています^^

 

ANAダイナースカードではなく、普通のダイナースクラブカードに申し込んだ理由

今回のキャンペーンはダイナースカード全体のキャンペーンになるので、ANAダイナースカードでもダイナースクラブカードでも同様のキャンペーンになります。ANAダイナースカードだと27,000円+税なので、初年度にかかる費用が29,160円になるので、今回自分が申し込んだ金額(30,240円)よりも少し安いです。

その唯一の理由は、ポイントサイト経由で申し込むことで、15,000ポイント(15,000円)をもらうことができる点です。しかもドリームキャンペーン対象なので、マイル移行する際に大変お得です^^
ドリームキャンペーンについては後で、後述します。

 

2.ダイナースカードの入会キャンペーンで取得できるマイル数の試算

2-1.キャンペーンから得られるマイル

今回のキャンペーンはこちらの「ポイント10倍」キャンペーンになります。ダイナースカード_ポイント10倍キャンぺーン

夏休みの旅行や新しいスーツ、定期券の購入など、まとまった支出があります。

ざっくり計算するとこんな感じで、お得にマイルを貯めることができそうです。

内容 費用 通常で溜まるマイル(1%) キャンペーンによるマイル(10倍)
夏休みの旅行 200,000円 2,000マイル 20,000マイル
スーツ 100,000円 1,000マイル 10,000マイル
定期券 40,000円 400マイル 4,000マイル
合計 340,000円 3,400マイル 34,000マイル

 

年間の移行費用が40,000ポイントと考えると、40,000ポイントぎりぎりまで使いたいところです^^

東京⇔那覇の往復に必要なマイル数が15,000マイルといわれていますが、15万円使えば沖縄に行けるということですよね!!

大きな支出がある方にとって、これは魅力ですね!!

 

2-2.ポイントサイト経由で申し込むにことによるポイント

再掲になりますが、現在Moppy経由で申し込むと、15,000ポイントが溜まります。

Moppy_ダイナースカードポイント

 

現在、MoppyにおいてはJAL・ANAともにマイル移行の大規模キャンペーンを実施中で、JALの場合は実質80%でマイル交換、ANAは実質86.3%の超高還元率でマイル交換を実施しています。

両者ともに色々な条件があるのですが、その一つが「対象広告を15,000ポイント以上利用」です。交換をする月に15,000ポイント以上の広告を利用する必要がありますが、これがなかなかのハードルです。

それが、このカードを発行することで、その15,000ポイントを利用するハードルをクリアすることになります!!

 

JALについての記事はこちらです

【実質80%の還元レート】MoppyのJALマイル交換について解説

【実質80%の還元レート】MoppyのJALマイル交換について解説

MoppyのJALマイル交換ドリームキャンペーンについて、実際に交換してみたので、そのやり方を紹介していこうと思います。この交換において、おそらくハードルになると思うのがこの2点だと思いますが、想像以 ...

続きを見る

 

ANAについてはこれから試してみたいと思いますが、このような方法です。【実質】と書いてあるのは、TOKYU POINTで書かれている+1,500ポイントが後からMoppyポイントとして付与されるからです。

Moppy_ANAポイント交換86.3%

すでにある程度交換するポイントが溜まっている方はすぐにこのキャンペーンの恩恵を受けることができるので、とてもお得ですね^^

自分はすぐに利用が予定反映されたタイミングで、マイル交換の申し込みを行いました!

Moppyポイント交換

ダイナースカードポイント予定

これに伴う支出は前述のとおり、30,240円だけです。30,240円払っただけでは、300マイル程度しかたまらないですが、上記のようにある程度のまとまった支出がある場合、非常にお得なキャンペーンといえるので、これを逃さない手はないですよね。気になる方は、こちらからMoppyのサイトに移動できます!

 

詳しくはコチラ

 

3.ANAダイナースカードとの比較

ANAダイナースカードでも入会キャンペーンを行っています。ただ、上述の通り年会費が1,000円程度しか変わらない点と、貯まるマイルが下記のように圧倒的に違うため、普通のダイナースカードをおススメします!

30万円使った場合の比較

●ANAダイナースカード:15,000マイル

キャンペーン マイル
入会特典 2,000マイル
30万円以上使用のボーナス 10,000マイル
30万円使用分のマイル 3,000マイル
合計 15,000マイル

 

●ダイナースカード:30,000マイル(Moppy経由のポイントは除く)

 

キャンペーンは2019年8月15日までです!!

残り1か月ほどしかないので、迷われている方はぜひ!大量にポイントをゲットしちゃいましょう。

 

ちなみに、ダイナースクラブを持っていると、空港ラウンジが使えたり、帰りの手荷物配送料が無料になったり、レストラン1名無料になるようなサービスもあるんですよね。特に空港ラウンジと、手荷物配送料無料のサービスは、折角なので、夏休みの旅行の時に使ってみようと思ってます。

 

今回の記事が少しでも参考になったら幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-クレジットカード
-

Copyright© 旅行を「安く」楽しむ方法を考えるブログ , 2020 All Rights Reserved.